CLOSE

MENU

CORPORATE

RECRUIT

一般お問い合わせ

どこでもいっしょ、ではありません。

これからのアリーナ

アリーナらしさを大切に、さらに一歩先へ。

1990年9月 アリーナ薬局設立

四半世紀を超えて築きあげてきたアリーナらしさ。

地域密着

ドミナント展開で、地域に根ざした薬局に。
1号店となる守山店のオープン以来、名古屋市守山区、尾張旭、瀬戸エリアを中心に14店舗を展開するアリーナ薬局。特定のエリアに集中して、これだけ多くの店舗を運営している薬局は、全国でもなかなかありません。ドミナント展開と呼ばれるこの出店方式により、アリーナは、地域の人々に寄り添うことができる、まさに地域密着の薬局となっています。「通っていた病院の前にあったアリーナを利用していたが、アリーナの他店舗が家の近くにもある」。このような場合でも、店舗間で情報を連携することで、患者さんのメリットにつながるのです。

親切、丁寧、迅速

質とスピードは両立できる。
開局以来「親切 丁寧 迅速」をスローガンに、日々業務改善に取り組んできました。「命に関わる薬」を取り扱う薬局には、「安全性・確実性」が強く求められます。それは絶対的に必要なのですが、「正確を期すためのていねいさを、患者さんをお待たせする理由にしてはいけない」とも考えています。インカム(無線)を活用してスタッフ間で綿密に情報共有し、効率を上げる。お預かりした処方せんをPCに入力する間、一時的にタブレットで処方せんを撮影し、入力完了を待たずに調剤にかかる。そうした工夫により、安全性・確実性などの「質」と、「スピード」とを両立させています。

「人」を大切に

患者さんもスタッフも居心地よく。
アリーナでは、「人を大切にする」という基本姿勢を徹底して、薬局運営を行っています。この「人」とはもちろん、いちばんは患者さんなのですが、患者さんを大切にするためには、その前にスタッフを大切にすることが大事。それは「スタッフを大切にできない薬局が、患者さんを大切にできるはずがない」と考えるから。まず経営陣が店長を大切にする。すると店長はスタッフを大切にする。するとスタッフは患者さんを大切にする。そうした好循環があってはじめて、真にあたたかい薬局となれるのではないかと考えています。

2017年8月 鈴木謙吾 代表就任

さらに一歩先へ。

アリーナはこれまでも、より良い薬局をめざして業務改善を行ってきましたが、鈴木謙吾の代表就任を機に、進化のスピードを一層加速。枠にとらわれない新しい薬局づくりに果敢にチャレンジしてまいります。
「薬局はどこでもいっしょだと思っていたが、アリーナは違う」
そう言っていただけるよう、さらに一歩先へと進みます。

地域密着のその先へ。サービスからホスピタリティへ。仕事も遊びも一生懸命に。

地域密着のその先へ。

効率×非効率。
地域密着を実践してきたアリーナ。これからは、より踏み込んだかたちで地域に貢献したいと考えています。たとえば現在は、薬局の2階にカフェ&BBQスペースを設置する計画を考えています。また、さまざまな書籍・雑誌を集めたライブラリを開設する構想も。こうしたスペースは、社員が自由に利用できるのはもちろん、地域の方々に開放し、交流・憩いの場として使っていただければと考えています。これらは薬局の運営とは直接的には関係ありませんので、「非効率」であると言えます。しかし私たちは、業務の「効率」を徹底的に追求する一方で、こうした非効率な取り組みも必要であり、地域への貢献は私たちの使命だと考えています。

サービスからホスピタリティへ。

名前で選ばれる存在に。
「親切 丁寧 迅速」をスローガンとして、患者さんへのサービスを徹底してきたアリーナ。今後はさらに、サービスを超えた「ホスピタリティ」を提供できる薬局をめざします。アリーナが思うホスピタリティとは、ホテルでのおもてなしとは違い、薬を通じて患者さんにまごころや優しさを提供し、最終的には感動までも与えるものです。これらは決してマニュアルでは実現できません。薬剤師一人ひとりが、患者さんの心に思いを致し、誠実に向き合うことで可能となるものです。患者さんに感動を与えることができてはじめて、その薬剤師は、患者さんにとって唯一の存在になれます。いずれは、「アリーナだから行く」と、名前で選ばれる存在になれればと願っています。

仕事も遊びも一生懸命に。

両思いに。
スタッフの意見を積極的に取り入れ、薬局運営に反映していく。やる気があり、能力が高いスタッフには、年齢などに関わらず、重要な役割やポジションを任せる。結婚・出産などにより時短勤務を望むスタッフには、複数店舗にまたがるシフトを組むなどの工夫をして柔軟に対応する。アリーナは、「ここでがんばって働き続けたい」と思えるような、かけがえのない唯一無二の存在でありたいと願っています。スタッフと会社が両思い。患者さんとも両思い。そんな会社・薬局をめざしています。
SUREBRAND